敬老の日の意味と喜ばれる過ごし方のポイント

海の日や山の日などのように日本には国民の祝日が複数あります。

敬老の日も国民の祝日のうちの1つで、さまざまなイベントが自治体や家庭で行われているようです。

幅広い分野の敬老の日の為になる情報です。

しかし、敬老の日がどうして定められたのか、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

この日は高齢者を敬うとともに、多くの人々に高齢者の福祉に関心をもってもらうという目的も含まれています。


かつて敬老の日は9月15日で老人の日と呼ばれていた時期もありました。



しかし、2001年の法改正によって9月の第3日曜日に定められています。

自治体などでは長寿の方に記念品などを贈るイベントもあるようです。

家族に高齢者がいる場合、花やウオーキンググッズ、健康グッズなどを贈ってお祝いする家庭もあります。高齢者が興味のあるものや趣味のアイテムを贈るケースもあるようです。


また、全国各地のグルメを届けたり、温泉の宿泊チケットをプレゼントするなど、さまざまな形でお祝いしています。また、敬老の日だからといって特別なことはせず、家族で食事して祝うという家庭もあり、それぞれの事情に合うようにするとよいでしょう。



一番大切なことは日頃から高齢者を敬い、声をかけるなどの気配りをすることです。

遠隔地に高齢者がいる方の中にはズームやスカイプなどを利用して、お互いの顔が見えるように工夫しているケースもあります。
プレゼントを贈る場合は相手の好みをリサーチしておくと、一層喜ばれるでしょう。